ペダルを踏み、颯爽と風を切る快感
想像を超える美しい自然
そして、屈託のない人々の笑顔

次世代の自転車「E-BIKE」でめぐる隠岐諸島には、
子供の頃に胸をときめかせた、あの日の発見がありました

もう一度、子供になれる島「隠岐」

全力で遊ぼう
心から笑おう

隠岐諸島は、島根半島の北方約80kmに位置し、大小180を超える島々で構成される群島です。人が住む大きな島は4つあり、そのうち知夫里島・中ノ島・西ノ島を「島前(どうぜん)」、隠岐の島を「島後(どうご)」と呼びます。人口は全島合せて約21,000人。その貴重な生態系、気候風土から、昭和38年には「大山・隠岐国立公園」に指定、2013年には「大地の世界遺産」である世界ジオパークに認定されています。

島後(隠岐の島町)
西ノ島(西ノ島町)
中ノ島(海士町)
知夫里島(知夫村)
View More

  • 自然

    島内にある「国賀海岸」「明屋海岸」「赤壁」などの景勝地では、世界的にも珍しい地質・地形を観察することができます。また、島内の至る所に広がる放牧地では、間近で牛や馬を見ることができ、島の生活の中に息づく自然を感じられます。

  • 体験

    隠岐諸島には4ヶ所の「海中公園」があり、綺麗な海でシーカヤック・スキューバダイビングなどのマリンスポーツを体験できます。また、暖流と寒流がぶつかり合う潮目にあたるため、全国でも有数の魚影の濃さ。釣りなども気軽に楽しむことができます。

  • グルメ

    さざえやブランド岩がきをはじめとした新鮮な魚貝類、島内に放牧されている「隠岐牛」など、豊かな自然から生み出される様々な食材・料理があります。また、日本の名水百選に選ばれた湧き水が2つもあり、美味しいお米、美味しいお酒を育んでいます。

隠岐諸島には豊かな自然・変化に富んだ地形や、多様な歴史・文化スポットが島の各所にあります。
小回りが効き、自然の風や天候を肌で感じることができるE-BIKEは、山と海が近くに位置し、高低差がある隠岐諸島を巡るのにおすすめのアクティビティなのです。

View More

島ごとにコースを見る

隠岐諸島でE-BIKEを
楽しむ流れ

E-BIKEで隠岐諸島を満喫するためのコースをたくさんご用意しています。
流れに沿って準備をしていきましょう。

  1. 01
    コースを選択

    このサイト上にあるコースから回りたいコースを選びましょう。たくさんのコースがあるので滞在時間を含めてコース検討しましょう。

  2. 02
    予約する

    E-BIKEの数には限りがあるので、事前に予約を済ませましょう。予約は、最初にE-BIKEを利用する島の観光協会にてメールで承ります。島を越えての予約を一括で行うことが可能です。お名前、ご住所、お電話番号、利用に関する情報(利用日、開始時間、返却時間、台数、利用する島・コース名)をご記入の上、メールをお送りください。

    ※前日または当日の予約については観光協会へ電話でお問い合わせください。

  3. 03
    準備をして隠岐諸島へ

    服装や持ち物、天気を確認して隠岐の島を楽しむ万全の準備をお願いします。
    忘れ物があってもレンタルもあるので是非ご活用下さい。

  4. 04
    島についたら、さあ出発!

    島に到着したら、各島の観光協会にお越しください。E-BIKEのレンタル手続きや地図の説明などをします。
    GPS地図アプリ「YAMAP」を使って、セルフガイドツアーを楽しみましょう。立ち寄りスポットに近づくと通知してくれるので安心して旅を楽しむことができます。また、島ごとに旅を楽しむための専用冊子をご用意しています。
    YAMAPと専用冊子を使って、E-BIKEで島を巡る旅を100%楽しんでください!